【SPI-G(SPI3-G)試験対策SPI-G(SPI3-G)非言語対策)】SPI-G(SPI3-G)非言語「集合(集合問題)」の練習問題と頻出出題パターン(3) | マイペース就職活動研究会

【SPI-G(SPI3-G)試験対策SPI-G(SPI3-G)非言語対策)】SPI-G(SPI3-G)非言語「集合(集合問題)」の練習問題と頻出出題パターン(3)



JR東日本からの内定獲得を目指すためには!?JR東日本の中途採用選考の内容や年収/福利厚生の詳細を知りたい場合は?

転活/転職活動中の皆さまの中には、人気企業であるJR東日本からの内定獲得、JR東日本への転職を希望している方も少なくないと思います。

でも、JR東日本の中途採用選考において、どのような適性検査/筆記試験が出題されるのか、グループディスカッションや個人面接でどのような質問がされる可能性があるのか、十分な情報が得られていないこともあるかもしれません。

ただ、こういった情報があったほうが、必要な準備や対策がしっかりとできるようになりますので、結果的には内定獲得のチャンスが高まるはずです。

そんな時に便利なのが、企業の口コミ/評判が豊富な就職/転職情報サイト:転職会議です。

転職会議では、現社員や元社員から企業の採用試験対策や面接対策、評判や年収、職場環境や社内の雰囲気などを口コミとして投稿していただき、それらの情報を提供しています。

無料会員登録をすれば、JR東日本も含めて数多くの企業の口コミ情報を完全無料で見ることができますので、まずは無料会員登録だけでもしておくことをおすすめします。

SPI-G(SPI3-G)非言語「集合(集合問題)」の問題を制限時間内に解くための攻略法/攻略のコツとは!?SPI-G(SPI3-G)非言語「集合(集合問題)」の問題に苦手意識を持っている転活/転職活動中の皆さまの中は、SPI-G(SPI3-G)非言語「集合(集合問題)」の例題/練習問題をたくさん解いて苦手意識を克服しておくと安心です!

転活/転職活動を進めていくうえで避けては通れないことが多い存在が、リクルートマネジメントソリューションズが提供している適性検査であるSPI-G(SPI3-G)試験です。

転活/転職活動中の皆さまの中は、SPI-U(SPI3-U)試験の対策、特にSPI言語分野やSPI非言語分野の問題を解くための対策をしっかりと準備していると思います。

でも、SPI-G(SPI3-G)試験の本番では、特にSPI非言語分野の問題を解くのに思った以上に時間を取られてしまうことで、時間が足りなくなって合格ライン/合格最低点/合格基準を突破するための得点が取れないというパターンがよく見られます。

このパターンになりやすい転活/転職活動中の皆さまの中には、SPI言語分野の問題を解くための練習はしっかりとしているのに、SPI非言語分野の問題を短時間で解くための練習はあまりしていないケースが少なくないようです。

SPI非言語分野の問題は、出題パターンが決まっています。出題パターンが決まっているわけですから、解法パターンさえ把握しておけば、計算力や計算スピードに自信のない転活/転職活動中の皆さまの中でも短時間で確実に得点できるようになるはずです。SPI-G(SPI3-G)非言語「集合(集合問題)」の問題もその例外ではありません。たとえ満点を取ることは難しいとしても、制限時間内に合格ライン/合格最低点/合格基準を突破するための得点を取れるようにはなることは決して難しくありません。

そのため、【テストセンター・SPI3-G対応】 これが本当の転職者用SPI3だ! 改訂3版 (本当の就職テスト)3日で完成! 転職者のためのSPI&玉手箱対策【改訂版】史上最強の転職者用SPIよくでる問題集といったSPI-G(SPI3-G)試験の対策に特化した参考書や問題集に目を通したり、SPI-G(SPI3-G)試験の例題や練習問題を数多く解いてあらかじめ練習しておくのが安心です。



SPI-G(SPI3-G)非言語「集合(集合問題)」の練習問題を解いてみましょう!

多くの転活/転職活動中の皆さまにとって避けては通れないのがSPI-G(SPI3-G)試験ですが、ご自身の転職希望先企業でSPI-G(SPI3-G)試験が使われているかどうかを知りたいとお考えの転活/転職活動中の皆さまは、転職会議(https://jobtalk.jp/)をチェックしてみるのがおすすめです。転職会議(https://jobtalk.jp/)で見ることができる口コミ情報は、適性検査/筆記試験などの採用選考に関する情報だけにとどまらず、年収、評価制度(年代別/年齢別年収)、仕事のやりがい、面白み、事業の成長性や将来性、ワークライフバランス、福利厚生、社内制度、女性の働きやすさやキャリア、スキルアップ、キャリア開発、教育体制、社員、管理職の魅力、社長の魅力などというかたちで多岐にわたっています。



それでは、以下、具体的な練習問題を通じて、SPI-G(SPI3-G)非言語「集合(集合問題)」の問題の解き方を確認していきましょう。試験会場やテストセンターなどで行われる試験本番やWebテスト本番、模擬試験/模擬テストのような緊張感をもってチャレンジすると、SPI-G(SPI3-G)試験本番における合格ライン/合格最低点/合格基準突破に向けてより高い効果が期待できるはずです。繰り返し練習問題を解くことで、短時間で正解を導き出すためのコツをつかんで、苦手意識の克服と合格ライン/合格最低点/合格基準突破を目指しましょう。

SPI-G(SPI3-G)非言語「集合(集合問題)」:例題/練習問題1

ある中華料理店でマンゴープリンをオーダーした人は92人、ホットコーヒーをオーダーした人は68人であった。マンゴープリンをオーダーした人のうち、50%の人がホットコーヒーもオーダーしたことが判明した。この場合、マンゴープリンとホットコーヒーのどちらか一方をオーダーした人は何人であったか?

  • (ア)62人
  • (イ)64人
  • (ウ)65人
  • (エ)68人
  • (オ)70人
正解を見る

正解と解法は?

正解は(エ)68人です。両方をオーダーした人の数は、92×50%=46人です。したがって、どちらか一方をオーダーした人の数は、(92-46)+(68-46)=68人となります。


SPI-G(SPI3-G)非言語「集合(集合問題)」:例題/練習問題2

ある中華料理店でレタスチャーハンをオーダーした人は75人、焼き餃子をオーダーした人は35人であった。レタスチャーハンをオーダーした人のうち、40%の人が焼き餃子もオーダーしたことが判明した。この場合、レタスチャーハンと焼き餃子のどちらか一方をオーダーした人は何人であったか?

  • (ア)44人
  • (イ)48人
  • (ウ)50人
  • (エ)52人
  • (オ)55人
正解を見る

正解と解法は?

正解は(ウ)50人です。両方をオーダーした人の数は、75×40%=30人です。したがって、どちらか一方をオーダーした人の数は、(75-30)+(35-30)=50人となります。


SPI-G(SPI3-G)非言語「集合(集合問題)」:例題/練習問題3

ある中華料理店でチャーハンをオーダーした人は70人、肉シュウマイをオーダーした人は40人であった。チャーハンをオーダーした人のうち、30%の人が肉シュウマイもオーダーしたことが判明した。この場合、チャーハンと肉シュウマイのどちらか一方をオーダーした人は何人であったか?

  • (ア)62人
  • (イ)64人
  • (ウ)65人
  • (エ)68人
  • (オ)70人
正解を見る

正解と解法は?

正解は(エ)68人です。両方をオーダーした人の数は、70×30%=21人です。したがって、どちらか一方をオーダーした人の数は、(70-21)+(40-21)=68人となります。




SPI-G(SPI3-G)非言語「集合(集合問題)」:例題/練習問題4

ある中華料理店で中華丼をオーダーした人は52人、海老シュウマイをオーダーした人は33人であった。中華丼をオーダーした人のうち、25%の人が海老シュウマイもオーダーしたことが判明した。この場合、中華丼と海老シュウマイのどちらか一方をオーダーした人は何人であったか?

  • (ア)52人
  • (イ)54人
  • (ウ)56人
  • (エ)59人
  • (オ)62人
正解を見る

正解と解法は?

正解は(エ)59人です。両方をオーダーした人の数は、52×25%=13人です。したがって、どちらか一方をオーダーした人の数は、(52-13)+(33-13)=59人となります。


SPI-G(SPI3-G)非言語「集合(集合問題)」:例題/練習問題5

ある中華料理店で半ラーメンをオーダーした人は90人、焼き餃子をオーダーした人は45人であった。半ラーメンをオーダーした人のうち、20%の人が焼き餃子もオーダーしたことが判明した。この場合、半ラーメンと焼き餃子のどちらか一方をオーダーした人は何人であったか?

  • (ア)87人
  • (イ)90人
  • (ウ)93人
  • (エ)96人
  • (オ)99人
正解を見る

正解と解法は?

正解は(オ)99人です。両方をオーダーした人の数は、90×20%=18人です。したがって、どちらか一方をオーダーした人の数は、(90-18)+(45-18)=99人となります。


中途採用/転職希望者向け適性検査SPI-G(SPI3-G)対策用:一問一答形式無料練習問題(問題数約4,500問)

中途採用/転職希望者向け適性検査SPI-G(SPI3-G)は練習と経験がものを言う分野です。練習問題を数多くこなせば得点力は確実にアップするはずです。こちらのリンクで、中途採用/転職希望者向け適性検査SPI-G(SPI3-G)対策用の練習問題に無料でチャレンジすることができます。問題数も数多く取り揃えていますので、繰り返し練習することで就職活動の中途採用/転職希望者向け適性検査SPI-G(SPI3-G)対策にお役立てください。

  • 中途採用/転職希望者向け適性検査SPI-G(SPI3-G)対策用:一問一答形式無料練習問題(問題数約4,500問)


  • 【自己分析や自己PR、エントリーシート作成に便利!】自分の強みや適性を知る上で便利な「グッドポイント診断LP」

    転職活動を進めていくにあたって改めて自分の強みや適性を知る上でとても便利なのが、リクルートグループ傘下の就職支援サービスであるリクナビNEXT が提供しているグッドポイント診断LPです。所要時間約20分程度の完全無料の診断サービスですが、提示された選択肢の中から自分に合うものを選ぶだけの簡単な診断テストを受診するだけで、自分の強みや適性が何なのかを自動的に判定してくれるとても有益な内容となっています。具体的には、以下の18種類の強みのうち、自分が特に当てはまる5つの強みを特定することができます。

    • 親密性(じっくりつきあう)
    • 現実志向 (実現可能性にこだわる)
    • 慎重性 (掘り下げて考える)
    • 冷静沈着 (いつもクール)
    • 自己信頼 (信じた道を突き進む)
    • 俊敏性(スピード第一)
    • 受容力 (広く受け入れる)
    • バランス (全体を考える)
    • 継続力(決めたらとことん)
    • 社交性 (360°オープン)
    • 挑戦心 (高い目標もクリア)
    • 悠然 (ゆったり構える)
    • 高揚性 (ノリがよい)
    • 感受性(場の雰囲気を感じ取る)
    • 柔軟性 (あれこれトライ)
    • 自立 (常に主体的)
    • 独創性(オリジナリティあふれる)
    • 決断力 (迷わず決める)

    グッドポイント診断LPを通じて再認識した自分の強みや適性を踏まえて、自分に本当に合った業種や職種を選択することができれば、転職活動が成功する可能性はぐっと高まるはずです。また、グッドポイント診断LPの結果は、履歴書や職務経歴書、自己PRや志望動機などを整理するにあたっても活用できるので、一度試してみる価値はあると思います。詳しくは、リクナビNEXT でご確認ください。


    【転職サイトへの登録は転職活動スタートの第一歩】転職活動に役立つ転職支援サービスに登録してスムーズな転職を目指しましょう!登録し忘れはありませんか!?

    転職情報サイト

    • リクナビNEXT:圧倒的な求人情報数を誇る転職情報サイトです。転職を考えるときにはまずはここに登録すれば間違いありません。
    • ミイダス:職務経験やスキル情報、適性から強みを診断し、年収確約・面接確約のオファーが届くという新しいタイプの転職情報サイトです。
    • 転職会議:各企業の社員/元社員のリアルな年収データを職種や年齢などで集計して公開中の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイトです。
    • キャリア女性向け転職サイトLiBzCAREER:女性の転職活動のサポートにフォーカスしている転職情報サイトです。リモートやフレックスなど、新しい働き方に対応している企業情報が充実しています。

    転職エージェント

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。