【中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)対策】中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)「基礎能力非言語分野」の練習問題と頻出出題パターン(8) | マイペース就職活動研究会

【中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)対策】中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)「基礎能力非言語分野」の練習問題と頻出出題パターン(8)



中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)「基礎能力非言語分野」の問題の解き方は?

多くの企業や組織の昇格試験や昇進試験として使用されているのが、株式会社リクルートマネジメントソリューションズが制作している中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)です。

中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)では、受検者の性格特徴と態度・指向、基礎能力が測定されます。性格特徴と態度・指向に関する検査は特に対策を必要とするような内容ではありませんので、事前に対策をしておいたほうが良いのは基礎能力に関する検査ということになります。

中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)の基礎能力に関する検査で出題される問題の内容は、同じく株式会社リクルートマネジメントソリューションズが制作している適性検査であるSPIで出題される問題の内容と似ている部分も多くありますので、SPI対策用の練習問題や問題集、模擬試験などを通じて勉強をするというも有効ですが、残念ながら内容が全く同じというわけではありません。

学生時代の就活/就職活動のタイミングでSPI試験対策をした人も少なくないと思いますが、所属企業や所属組織の昇格試験や昇進試験の一環として中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)が使われている場合、改めて中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)に特化した参考書や問題集を使って準備をしておくのが安心です。具体的には、新傾向に完全対応!NMAT・JMAT再現問題集完全再現 NMAT・JMAT攻略問題集 全面改訂版 (本当の就職テスト)史上最強のNMAT・JMATよくでる問題集などにひと通り目を通したり、無料練習問題を数多く解くなどしておけば、中堅社員向け適性検査JMAT試験本番でもある程度のスコア(昇格試験や昇進試験などの合格ライン突破のためのスコア)を獲得できる可能性がぐっと高まるはずです。昇格や昇進、給料アップや年収アップのためにも、可能な準備はしっかりとしておきましょう。




なお、Amazonプライムの会員であれば、対象商品を最短翌日に無料でお届けしてもらえるほか、映画やドラマ、バラエティ、アニメ、Amazonのオリジナル作品を楽しめるAmazonプライム・ビデオもご覧いただけます。また、30日間の無料体験を試すこともできますので、ぜひAmazonプライムの公式ウェブサイトをぜひご確認ください。

中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)「基礎能力非言語分野」の練習問題

それでは、中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)「基礎能力非言語分野」の練習問題を解いてみましょう。適性検査JMAT(JMAT試験)の基礎能力言語分野と比べて、適性検査JMAT(JMAT試験)の基礎能力非言語分野は苦手意識を持つ人も多いですが、しっかりと事前対策をしておけば得点力アップが期待できる分野です。試験会場やテストセンターなどで行われる試験本番やWebテスト本番、模擬試験のような緊張感をもってチャレンジすると、昇格や昇進のための合格ライン突破に向けてより高い効果が期待できるはずです。


イオンからの内定獲得を目指すためには!?イオンの中途採用選考の内容や年収/福利厚生の詳細を知りたい場合は?

転活/転職活動中の皆さまの中には、人気企業であるイオンからの内定獲得、イオンへの転職を希望している方も少なくないと思います。

でも、イオンの中途採用選考において、どのような適性検査/筆記試験が出題されるのか、グループディスカッションや個人面接でどのような質問がされる可能性があるのか、十分な情報が得られていないこともあるかもしれません。

ただ、こういった情報があったほうが、必要な準備や対策がしっかりとできるようになりますので、結果的には内定獲得のチャンスが高まるはずです。

そんな時に便利なのが、企業の口コミ/評判が豊富な就職/転職情報サイト:転職会議です。

転職会議では、現社員や元社員から企業の採用試験対策や面接対策、評判や年収、職場環境や社内の雰囲気などを口コミとして投稿していただき、それらの情報を提供しています。

無料会員登録をすれば、イオンも含めて数多くの企業の口コミ情報を完全無料で見ることができますので、まずは無料会員登録だけでもしておくことをおすすめします。

中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)「基礎能力非言語分野」:例題1

A博物館の入館料は年齢問わず1人800円である。ただし、5人以上で入館する場合には団体割引が適用され、4人を超える部分についての入館料は1人600円となる。10人でこの博物館に入館した場合、入館料の総額はいくらになるか?

  • (ア)5,600円
  • (イ)6,000円
  • (ウ)6,400円
  • (エ)6,800円
  • (オ)7,200円
正解を見る

正解と解法は?

正解は(エ)6,800円です。最初の4人分の入館料は4×800=3,200円、残りの6人分の入館料は6×600=3,600円ですので、3,200+3,600=6,800円となります。

中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)「基礎能力非言語分野」:例題2

A美術館の入館料は年齢問わず1人1,000円である。ただし、10人以上で入館する場合には団体割引が適用され、9人を超える部分についての入館料は1人20%の割引となる。20人でこの美術館に入館した場合、入館料の総額はいくらになるか?

  • (ア)15,800円
  • (イ)16,800円
  • (ウ)17,800円
  • (エ)18,800円
  • (オ)19,800円
正解を見る

正解と解法は?

正解は(ウ)17,800円です。最初の9人分の入館料は9×1,000=9,000円、残りの11人分の入館料は11×(1,000×(1-20%))=8,800円ですので、9,000+8,800=17,800円となります。

中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)「基礎能力非言語分野」:例題3

Aスーパーマーケットで取り扱っているある商品の1個あたりの定価は500円だが、この商品を3個以上購入した場合には購入した個数分がすべて20%引きとなる。この商品を5個購入した場合、購入金額の総額はいくらとなるか?

  • (ア)1,800円
  • (イ)2,000円
  • (ウ)2,200円
  • (エ)2,400円
  • (オ)2,600円
正解を見る

正解と解法は?

正解は(イ)2,000円です。5×(500×(1-20%))=2,000円となります。

中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)「基礎能力非言語分野」:例題4

A動物園の入園料は、15歳以上が1人あたり600円で、15歳未満は1人あたり300円である。この動物園には団体割引があり、15歳以上の入園者と15歳未満の入園者がそれぞれ10人を超える場合には、超えた部分について20%の割引が適用される。この動物園に、15歳以上が15人、15歳未満が40人で入園した場合、入園料の総額はいくらになるか?

  • (ア)17,800円
  • (イ)18,000円
  • (ウ)18,200円
  • (エ)18,400円
  • (オ)18,600円
正解を見る

正解と解法は?

正解は(オ)18,600円です。15歳以上の15人分の入園料の合計金額は、10×600円+5×(600円×(1-20%))=8,400円となります。また、15歳未満の40人分の入園料の合計金額は、10×300円+30×(300円×(1-20%))=10,200円となります。したがって、全員の総額は、8,400+10,200=18,600円となります。

中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)「基礎能力非言語分野」:例題5

A水族館の入館料は年齢問わず1人1,000円である。ただし、11人以上で入館する場合には団体割引が適用され、10人を超える部分についての入館料は1人20%の割引となる。各人の負担金額を同一とする場合、1人あたりの負担金額が900円となるのは何人で入館したときか?

  • (ア)5人
  • (イ)10人
  • (ウ)15人
  • (エ)20人
  • (オ)25人
正解を見る

正解と解法は?

正解は(エ)20人です。入館した人数をYとすると、10×1,000+(Y-10)×(1,000×(1-20%))=Y×900という式が成り立ちます。これを解くと、Yは20となります。

急な体調悪化に備えて夜間休日に特化した医療サービス、ファストドクター とLINE(ライン)で友だちになっておきましょう!

新型コロナウィルスの感染拡大によって、日本においても医療崩壊が起きるリスクが以前よりも高まる可能性があると言われています。そういう意味では、自分や家族、自分の大切な人の命や健康を守るためには、今のうちから自分のできる限りの備えをしておく必要があるのかもしれません。

夜間休日に自分や家族の体調が突然悪くなったけれど、近所の病院やクリニックも開いていない・・・持病の関係や年齢的なものもあって救急病院へも通院できない・・・他に面倒を見なければいけない家族がいる・・・保健所の新型コロナウィルス相談センターや新型コロナウィルス相談窓口に電話してもなかなか電話がつながらない・・・かと言ってわざわざ救急車を呼ぶのもためらわれる・・・。

そんな時に頼りになる救急往診サービスが、夜間休日に特化した医療サービス、ファストドクター です。



ファストドクター は、夜間休日に具合が悪くなった患者の問い合わせ内容に応じて、緊急性が極めて高い場合には救急車を案内してくれますし、そうでない場合には速やかに救急往診を手配して診察・検査してくれるという、夜間休日に特化した医療サービスです。

ファストドクター の診療科目は、救急・内科・小児科・整形外科で、高熱、咳、頭痛、腹痛、ぎっくり腰など様々な症状に対応していますし、新型コロナウィルスやインフルエンザの迅速検査、点滴、エコー検査なども可能です。

ファストドクター の往診可能時間は、月曜日~金曜日は18:30-翌6:00、土曜日は18:00-翌6:00、日曜日と祝日は7:00-翌6:00となっており、一般的な病院やクリニックが開いていない時間帯に絞って対応してくれる心強いサービスとなっています。

現時点では、ファストドクター の往診エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県といった関東地方と、大阪府、兵庫県、奈良県、京都府といった関西地方となっています(往診エリアを順次拡大しているので、最新情報はファストドクター の公式ウェブサイトでご確認ください)。



ファストドクター の使い方はとても簡単です。まずは、ファストドクター とLINE(ライン)で友だちになって、往診依頼ボタンをタップし、症状などを選ぶだけです。そうすると、ファストドクター のメディカルコールスタッフ(オペレーター)から連絡が来ます。その後、医師が自宅まで訪問してくれて、自宅で必要な診察・検査をして、その場で症状に合った薬を渡してくれます。

健康保険や自治体の助成制度が適用されることから、救急病院へ通院する場合と比べて医療費が極端に高額になるようなこともないですし、申込時に大まかな費用の目安は教えてもらえます。

実際に往診依頼をしなければ料金は一切かかりませんし、会員登録は無料ですので、すぐに往診依頼する予定がなくても、夜間休日などのいざという時にスムーズに往診依頼ができるように、あらかじめLINE(ライン)でファストドクター と友だちになっておくのが安心です

特に、転職活動中は、忙しさやストレスで体調を崩しがちですし、一人暮らしをしている場合には夜間休日に体調が突然悪くなっても身近に助けてくれる人がいないということもありがちです。そんな時に、LINE(ライン)でファストドクター に連絡できれば、これほど心強いものはないはずです。

夜間休日に特化した医療サービス、ファストドクター を上手に活用して、新型コロナウィルスの感染拡大という難局を乗り越えましょう。

【自己分析や自己PR、エントリーシート作成に便利!】自分の強みや適性を知る上で便利な「グッドポイント診断LP」

転職活動を進めていくにあたって改めて自分の強みや適性を知る上でとても便利なのが、リクルートグループ傘下の就職支援サービスであるリクナビNEXT が提供しているグッドポイント診断LP です。所要時間約20分程度の完全無料の診断サービスですが、提示された選択肢の中から自分に合うものを選ぶだけの簡単な診断テストを受診するだけで、自分の強みや適性が何なのかを自動的に判定してくれるとても有益な内容となっています。具体的には、以下の18種類の強みのうち、自分が特に当てはまる5つの強みを特定することができます。

  • 親密性(じっくりつきあう)
  • 現実志向 (実現可能性にこだわる)
  • 慎重性 (掘り下げて考える)
  • 冷静沈着 (いつもクール)
  • 自己信頼 (信じた道を突き進む)
  • 俊敏性(スピード第一)
  • 受容力 (広く受け入れる)
  • バランス (全体を考える)
  • 継続力(決めたらとことん)
  • 社交性 (360°オープン)
  • 挑戦心 (高い目標もクリア)
  • 悠然 (ゆったり構える)
  • 高揚性 (ノリがよい)
  • 感受性(場の雰囲気を感じ取る)
  • 柔軟性 (あれこれトライ)
  • 自立 (常に主体的)
  • 独創性(オリジナリティあふれる)
  • 決断力 (迷わず決める)

グッドポイント診断LPを通じて再認識した自分の強みや適性を踏まえて、自分に本当に合った業種や職種を選択することができれば、転職活動が成功する可能性はぐっと高まるはずです。また、グッドポイント診断LPの結果は、履歴書や自己PRや、望動機などを整理するにあたっても活用できるので、一度試してみる価値はあると思います。




中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)に関する無料練習問題・無料模擬試験にチャレンジ!

以下のリンクは、中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)に関する練習問題を数多く取り揃えていますので、ぜひ活用してみてください。無料練習問題となっているので、何度も繰り返しチャレンジすることで中堅社員向け適性検査JMAT(JMAT試験)本番での合格ライン突破にお役立てください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。