【採用適性検査TAP(タップ)試験対策】採用適性検査TAP(タップ)試験:「数理」の練習問題と頻出出題パターン(9) | マイペース就職活動研究会

【採用適性検査TAP(タップ)試験対策】採用適性検査TAP(タップ)試験:「数理」の練習問題と頻出出題パターン(9)



採用適性検査TAP(タップ)試験の「数理」の解き方は?採用適性検査TAP(タップ)試験の「数理」の合格ライン突破に向けた学習方法は?

就活/就職活動においては、さまざまな企業や組織の筆記試験/適性検査などで使われることがある採用適性検査TAP(タップ)試験への対策も必要です。

多くの企業や組織の筆記試験/適性検査などで頻繁に使われるSPI試験への対策はきちんとしていても、採用適性検査TAP(タップ)試験への対策は不十分なままで本番の試験に臨んでしまい、合格ラインに到達できずに不合格になってしまっては後悔が残ります。

採用適性検査TAP(タップ)試験で最もスタンダードな「総合タイプ」においては、能力問題(言語問題・数理問題・論理問題)と性格検査(職務バイタリティ・対人的側面・行動的側面)が含まれています。

性格検査(職務バイタリティ・対人的側面・行動的側面)はストレートに対策をとることが難しい分野ですが、主に中学校や高等学校での学習内容が問われる能力問題(言語問題・数理問題・論理問題)はしっかりと対策をしておけば得点力アップや合格ライン突破への可能性を高めることができる分野です。なお、採用適性検査TAP(タップ)試験の能力問題を通じて、論理的思考、数的判断、言語判断といった基礎能力が計測されます。

採用適性検査TAP(タップ)試験の能力問題(言語問題・数理問題・論理問題)は、SPIの言語問題や非言語問題に似ているところもありますが、採用適性検査TAP(タップ)試験の能力問題(言語問題・数理問題・論理問題)特有のものも数多くありますので、油断は禁物です。

採用適性検査TAP(タップ)試験の能力問題(言語問題・数理問題・論理問題)に苦手意識を持つ就活/就職活動中の就活生の皆さまも少なくありませんが、基本的な解法パターンさえ覚えてしまえばスムーズに解答を導き出すことが可能ですので、【WEBテスティング(SPI3)・CUBIC・TAP・TAL編】 これが本当のWebテストだ! (3) 2023年度版 (本当の就職テスト)のような採用適性検査TAP(タップ)試験攻略に特化した参考書や問題集を活用して練習問題をある程度こなせば、短時間で確実に得点できるようになるはずです。就活/就職活動を成功させるためには避けては通れない筆記試験や適性検査の合格ライン突破のためにもしっかりと準備しておきましょう。

なお、Amazon Prime Studentに加入すると、Amazon.co.jpが販売するすべての書籍を対象にご注文金額の 最大10%分のポイントが還元されるほか、会員特典対象の映画やテレビが見放題、200万曲の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典がありますので、まだの方はAmazon Prime Studentに6か月間無料体験してみてはいかがでしょうか?

さらに、Amazonのオーディオブック「Audible(オーディブル)」は、プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴ける聴く読書のサービスで、通学中や就職活動中の移動時間やスキマ時間に効率的に本が読めます。30日間の無料体験(無料体験終了後は月額1,500円、いつでも退会可能)があり、最初の1冊は完全無料ですので、まずはAudible(オーディブル)でご確認ください。

「何もしなくてもAmazonギフト券が毎月もらえればいいのに・・・」そんな風にお考えの就活/就職活動中の就活生の皆さまにおすすめなのが、スマートフォンモニター です。モニター登録後に専用アプリ(無料)をインストールして普段通りにスマートフォンを使うだけでAmazonギフト券が毎月必ずもらえる! という魅力的なサービスとなっています。初年度合計で最大3,200円相当のAmazonギフト券がもらえますので、ぜひご活用ください。

採用適性検査TAP(タップ)試験の「数理」に関する練習問題

それでは、採用適性検査TAP(タップ)試験の「数理」に関する練習問題を解いてみましょう。復習も兼ねた基本的な問題も含まれていますが、ケアレスミスをしないように注意しましょう。試験本番や模擬試験のような緊張感をもってチャレンジすると、合格ライン(合格ボーダーライン)突破に向けてより高い効果が期待できるはずです。

採用適性検査TAP(タップ)試験の「数理」に関する練習問題:例題1

3%の食塩水と16%の食塩水があり、この2つの食塩水を混ぜ合わせて、9.5%の食塩水を570グラム作る。この場合、16%の食塩水を何グラム混ぜればよいか?

  • (ア)270グラム
  • (イ)285グラム
  • (ウ)300グラム
  • (エ)315グラム
  • (オ)330グラム

正解を見る

正解と解法は?

正解は(イ)285グラムです。16%の食塩水を混ぜる量を■グラムとおくと、3%×(570-■)+16%×■=570×9.5%という式が成り立ちます。これを解くと、■=285となります。

採用適性検査TAP(タップ)試験の「数理」に関する練習問題:例題2

4%の食塩水と16%の食塩水があり、この2つの食塩水を混ぜ合わせて、10%の食塩水を940グラム作る。この場合、16%の食塩水を何グラム混ぜればよいか?

  • (ア)450グラム
  • (イ)460グラム
  • (ウ)470グラム
  • (エ)480グラム
  • (オ)490グラム

正解を見る

正解と解法は?

正解は(ウ)470グラムです。16%の食塩水を混ぜる量を■グラムとおくと、4%×(940-■)+16%×■=940×10%という式が成り立ちます。これを解くと、■=470となります。

採用適性検査TAP(タップ)試験の「数理」に関する練習問題:例題3

5%の食塩水と16%の食塩水があり、この2つの食塩水を混ぜ合わせて、10.5%の食塩水を920グラム作る。この場合、16%の食塩水を何グラム混ぜればよいか?

  • (ア)430グラム
  • (イ)440グラム
  • (ウ)450グラム
  • (エ)460グラム
  • (オ)470グラム

正解を見る

正解と解法は?

正解は(エ)460グラムです。16%の食塩水を混ぜる量を■グラムとおくと、5%×(920-■)+16%×■=920×10.5%という式が成り立ちます。これを解くと、■=460となります。

採用適性検査TAP(タップ)試験の「数理」に関する練習問題:例題4

6%の食塩水と16%の食塩水があり、この2つの食塩水を混ぜ合わせて、10%の食塩水を900グラム作る。この場合、16%の食塩水を何グラム混ぜればよいか?

  • (ア)330グラム
  • (イ)340グラム
  • (ウ)350グラム
  • (エ)360グラム
  • (オ)370グラム

正解を見る

正解と解法は?

正解は(エ)360グラムです。16%の食塩水を混ぜる量を■グラムとおくと、6%×(900-■)+16%×■=900×10%という式が成り立ちます。これを解くと、■=360となります。

採用適性検査TAP(タップ)試験の「数理」に関する練習問題:例題5

7%の食塩水と16%の食塩水があり、この2つの食塩水を混ぜ合わせて、11.5%の食塩水を880グラム作る。この場合、16%の食塩水を何グラム混ぜればよいか?

  • (ア)400グラム
  • (イ)410グラム
  • (ウ)420グラム
  • (エ)430グラム
  • (オ)440グラム

正解を見る

正解と解法は?

正解は(オ)440グラムです。16%の食塩水を混ぜる量を■グラムとおくと、7%×(880-■)+16%×■=880×11.5%という式が成り立ちます。これを解くと、■=440となります。

採用適性検査TAP(タップ)試験に関するクイズ形式の無料練習問題にチャレンジ!

就活/就職活動で受検する機会に遭遇する可能性がある採用適性検査TAP(タップ)試験についての対応力がご自身にどの程度あるのか、以下のリンクにあるクイズ形式で出題される無料練習問題を通じて確認してみてください。問題数もある程度揃えており、制限時間の設定もされていますので、本番の試験を意識した模擬試験感覚でご活用いただけます。


就活/就職活動中に読むべき就活本/就活関連本が多すぎてお困りの就活生の皆さまにおすすめの便利な本の要約サービス本の要約サービスflierフライヤー)があります!

就活/就職活動中の就活生の皆さまの中には、就活/就職活動中に読んだほうが良い本/読むべき本のランキングを調べたり、就活/就職活動中に読んだほうが良い本/読むべき本のランキングの上位に入っている本をなるべくたくさん読みたいとお考えの方も多いと思います。

就活/就職活動中に読んだほうが良い本/読むべき本は、自己分析に役立つ本、業界研究/業界分析に役立つ本、SPIやSCOAなどのWebテスト対策、グループディスカッション対策に役立つ本、個人面接対策に役立つ本といった形で、ジャンルごとに数多く存在します。

例えば、就活/就職活動中の自己分析に役立つ本としては、あなたが「一番輝く」仕事を見つける 最強の自己分析世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド科学的な適職史上最強の内定獲得術さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0などが有名です。






また、就活/就職活動中の個人面接対策に役立つ本としては、人は話し方が9割1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術1分で話せ2【超実践編】 世界のトップが絶賛した即座に考えが“まとまる"“伝わる"すごい技術9割捨てて10倍伝わる「要約力」などが代表的な存在です。




その一方で、これらの就活/就職活動中に読んだほうが良い本/読むべき本を実際に読もうとすると、一般的には1冊あたり4~5時間はかかると言われています。

さらに、企業や組織によっては、採用選考過程において、読書感想文のようなものを提出するという課題が課されるケースもあります。「読書感想文を書くのは苦手・・・」「読書感想文は子供の時に書いて以来かも・・・」「読書感想文なんてそもそも書いたことがない・・・」とお感じになられる就活/就職活動中の就活生の皆さまもいらっしゃると思います。

でも、就活/就職活動中は何かと忙しくて、就活/就職活動中に読んだほうが良い本/読むべき本を読む時間が十分に取れないという就活生の皆さまも少なくないのではないでしょうか!?

そんな就活/就職活動中の就活生の皆さまにおすすめなのが、本の要約サービスflierフライヤーです。



本の要約サービスflierフライヤーは、世の中に数多く存在するビジネス書(就活本/就活関連本含む)を対象とした時短読書サービスで、1冊あたり数時間かかると言われているビジネス書(就活本/就活関連本含む)を10分程度で読むことができる内容に要約してくれています。

しかも、たた単純にビジネス書(就活本/就活関連本含む)の内容が要約されているわけではなく、各分野に精通したライターが要約を作成し、出版社/著者の許可を得たものだけが配信されているため、本の要約サービスflierフライヤーにある要約を読めば、その本のポイントを短時間で効率的かつ確実に抑えることができます。

当然ながらパソコンでもスマホでも通信環境さえあればどこでも利用できますので、移動中やちょっとした隙間時間や休憩時間にビジネス書(就活本/就活関連本含む)の内容をマスターすることも可能で、しかも音声再生できるコンテンツも多数取り揃えられています。さらに、イチオシの本今週の要約ランキングも掲載されているため、就活/就職活動の準備やネタ探しとしてどのビジネス書(就活本/就活関連本含む)を読めばよいかわからないときにも役に立ちます。

そのため、就活/就職活動中に読んだほうが良い本/読むべき本を読むための時間が十分に取れないという就活/就職活動中の就活生の皆さまにとって、本の要約サービスflierフライヤーはピッタリのサービスとなっています。

本の要約サービスflierフライヤーの料金ですが、全ての要約コンテンツが読み放題となるゴールドプランで月額税込2,200円となっています。例えば、就活/就職活動が本格化する数か月間だけ使うことにすれば、費用をかなり抑えることもできますので、ぜひご検討ください。

なお、今なら7日間の無料ゴールド体験が可能となっていますので、本の要約サービスflierフライヤーにご興味がある就活/就職活動中の就活生の皆さまは、こちらのリンクからぜひお試しください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。